未経験者はこれで解決!高級クラブのシステムについてまとめ

高級クラブの独自システムについて

高級クラブには高級クラブ独特のシステムがいくつかあります。キャバクラなどと比較するとわかりやすいかもしれません。

また、キャバクラ嬢をしていた女性や、キャバクラに関する知識がある人にとっては、高級クラブのシステムに関して不思議に感じたり違和感を覚える部分もあるでしょう。

ホステスを目指すということであれば、高級クラブのシステムを常識だと感じる意識へとまずは持っていくことが求められるのかもしれません。

システムと表現すると少し固いかもしれませんが、これは接客の仕方や、場合によってはお給料にも関わってくることです。理解せずにホステスとして働き出してしまうと、イメージとのギャップが大き過ぎてこのお仕事に幻滅してしまいかねないので、ここでしっかりと整理しておくようにしてください。

係制や永久指名制度について

指名に関するシステムは、キャバクラなど他の形態のお店と決定的に異なると言ってもいいでしょう。高級クラブの指名制度はかなり独特です。これをどう感じるかに関しては個人個人にお任せしますが、この指名制度を知らずにホステスを目指すのは避けるべきかもしれません。

高級クラブで採用されているのは「係制」と呼ばれるシステムです。これは「永久指名制度」とも関連してくるのですが、つまりは、ホステスとお客様のペアが決定したら、その後そのペアを解消することができない点に特徴があります。

お客様を担当するホステスを「係」と呼びます。その係はお客様がお店に初めて来店した瞬間に既に決まっており、基本的には変更することができません。

キャバクラでは場内指名と呼ばれる制度があるように、フリーのお客様は好きなキャバクラ嬢を店内で指名することが可能ですが、高級クラブではこれが不可能なのです。

場外指名ができるかと言えば、これもできません。高級クラブは紹介制となっており、紹介されたお客様は自動的に、紹介したお客様の係のホステスの担当となります。これが係制や永久指名制度と呼ばれるシステムです。

このシステムがあるため、ホステスは担当のお客様を獲得することが容易ではありません。

元キャバ嬢であればその時の顧客を移った先のクラブへと呼び込むか、先輩ホステスがお店を辞めるのを待ち、そのホステスの担当のお客様に指名してもらうなどしか方法がないのです。

ホステスにとっては少々厳しいシステムではあるものの、これによりキャバクラとは異なるクオリティを維持できている側面もあります。

チャンスがないわけではないので、ヘルプとしての経験を積む良い機会と前向きに捉えられるかが重要になってくるでしょう。

接客のスタイルについて

もう一つ、キャバクラなどとは決定的に異なる高級クラブのシステムがあります。接客に関することなのですが、高級クラブでは、お客様1人に対して複数人のホステスが同じテーブルに座り、お客様をもてなすことになります。

キャバクラでは1対1のマンツーマンスタイルの接客であることが多いのではないでしょうか。あるいは複数のお客様に対して1人のキャバクラ嬢が対応する場面もあるはずです。高級クラブでは、そのような形の接客は基本しません。

お客様の係のホステスは1人のみですが、ヘルプがそこに複数名つき、ホステスたちでお客様を囲み、お酒や会話を楽しみます。これは全てお客様を満足させるためのシステムなのですが、ヘルプの教育にも役立ちますし、ヘルプの子たちにチャンスを与えるためでもあるのです。

実際に、お客様は同伴相手として係のホステスではなくヘルプの女の子を指名することも可能です。売上に関しては全て係のものとはなりますが、それがヘルプが成長したり顧客獲得のための足がかりとすることにもつながります。

ただ、他のホステスもいるわけですから、上品にライバル争いをしなければならない難しさも感じるでしょう。

それでも、とても良い環境で切磋琢磨でき、キャバクラのようなお客様の奪い合いなどの競争はまず生じないため、この接客スタイルも高級クラブの質の維持や向上に寄与していると考えています。

おすすめの記事