ホステスになりたいキャバ嬢必見!キャバクラとクラブの働き方の違い

キャバ嬢のホステスの働き方の違いまとめ

現在キャバクラ嬢として働いている女性の中には、クラブのホステスへの転身を真剣に考えている人もいるでしょう。個人的には大歓迎ですが、その前にキャバクラ嬢とホステスには働き方や意識に違いがあることを認識しておくべきかもしれません。

両者は決して同じではないのです。ここを認識しているかどうかが、あとで必ず響いてきます。ここで今一度整理をし、ホステスになるべきか、ホステスとしてやっていけるかを確認しておきましょう。

働く女の子の意識の高さの違い

まず異なるのが意識の高さです。ホステスであってもキャバクラ嬢であっても、高い意識を持って働く女性はいます。しかし、総合的に考えれば、はるかにホステスの方が仕事に対する意識は高いはずです。

キャバクラ嬢で多いのが、そのお仕事をただのアルバイトとしてしか思っていない女の子たちです。バイト感覚で働くことを否定しているわけではありません。ホステスにはそうした意識で働く女性が極端に少ないため、その違いを認識しておく必要があるのです。

ホステスの方が格好良いからという理由や、高級クラブで働いた方が稼げそうだという考え方のみで、キャバクラ嬢からホステスへと転身することはお勧めしません。アルバイト感覚のままホステスとして働き出しても、きっと思うように稼ぐことはできないでしょう。

シフトの融通などもキャバクラ嬢のようにはいきませんし、接客に対する教育も受けなければならないのがホステスです。クラブに勤めるホステスは、高い意識を持っているからこそ、そのお仕事をこなせていると認識しておくべきです。

働く女の子の年齢層の違い

キャバクラ嬢としてはもう若くないと感じた女性が、ホステスへと転身するケースも少なくありません。確かにキャバクラ嬢と比べると、ホステスの年齢層は若干高い傾向があるでしょう。両者の違いという点で、押さえておきたい部分ともなります。

働く女の子の意識と関連してくるかもしれませんが、キャバクラ嬢はアルバイト感覚で働く子も多いため、ホステスよりも若い女の子が多くなっています。それこそ10代の子も働いているほどですし、低年齢化も見られるでしょう。

現代のホステスに10代の女の子はほとんどいません。20代の後半から30代であっても活躍するホステスは多く、30歳を超えると少し浮いてしまうキャバクラの世界との違いは明らかであると言ってもいいはずです。

年齢的にそろそろキャバクラ嬢という立場が厳しいと感じ始めた女性は、ホステスになることを真剣に検討し始めてもいいのかもしれません。

おすすめの記事