あなたはどっち派?銀座・六本木のクラブで採用される女性の違い

銀座と六本木のクラブは採用基準が違う?

ホステスの女性にも、それぞれ能力や個性があります。
それをどう接客に生かすか、魅力として磨くのかがとても重要になってくるわけですが、そもそも各店舗によっても採用基準や求められるものが変わってくる傾向があるのです。

そしてこれには、地域性もあります。銀座のクラブと六本木のクラブでは、求められる要素が異なると思っておきましょう。

どのような武器を持っているのかによって、応募するクラブのあるエリアを分けるのも一つの考え方です。

採用基準の違いや特徴を知っておけば、採用率も上がるかもしれません。
ここでしっかりと押さえておいてください。

銀座・六本木の現役ホステスに聞いてみました

私は銀座のクラブのママという立場なので、採用する側の人間ということになります。
実際に女の子を面接し採否を決定してはいますが、実際に面接を受け採用された現役ホステスに、それぞれの地域の特徴をお話ししてもらった方が伝わりやすいでしょう。

銀座のクラブの採用基準について語ってくれるのは“みゆきちゃん”です。
銀座のクラブでホステスをしており、多くの同業者の女の子とも接しているので、銀座のホステスの特徴にも触れてくれるはずです。

六本木のクラブの採用基準についてお話ししてくれるのは“ちあきさん”。
六本木のクラブのホステスさんです。面接の際には対策もしたとのことなので、きっとリアルなお話が聞けるでしょう。

銀座のクラブの採用基準

みゆき
銀座のクラブに通うお客様は、女性を見る目がとても厳しい。
ルックスも大事だけど、どちらかといえば接客をどれだけ丁寧に質良くこなせるかというところを重視してる感じはする

ちあき
お店側もそういう女性を採用しがちってことだよね

みゆき
まさにそう。
実力主義的なところがあるから、顔やスタイルよりも、まずは態度や人柄、そこから滲み出てくる雰囲気とか、そういう部分を見極めて採用する傾向が強いかな。
周りのホステスさんとか見ても、みんな雰囲気が良いもん

ちあき
銀座らしい採用基準だ~

みゆき
うん、銀座の格を落とさないための採用基準とも言えるかも。
私は元キャバ嬢だけど、売上やお客さんについては、面接の時に細かく聞かれたよ。
水商売経験者なら、前職の売上が一番重視されるかな、やっぱり

ちあき
お客さんを連れて来られるかって確かに重要だよね

みゆき
そう、それが実力主義が色濃く出てるところ。
キャバ嬢の経験があっても、売上が全然なければ採用は難しいかな。素質があると思われれば採用される可能性は出てくるけどね

ちあき
ルックスに関しては?

みゆき
自分で言うのもなんだけど、かなりレベル高くないとダメ。
接客力とか売上などの実力重視ではあるけど、もしそれが少し劣っているのであれば、余程のルックスが必要になる。
それこそモデルレベルのね。
ただ、内面や雰囲気に魅力があれば飛び切り美人でなくても採用の可能性はあるけど、ある程度の水準は必要かな

ちあき
銀座のクラブだしね、そこはやっぱりキャバクラとは違うか

みゆき
うん、トータルで一定の水準に達しているかっていう部分が重視される傾向にはあるかもね。
だから新しい子とか入ってきても、みんな普通に接客とかできてるからね

六本木のクラブの採用基準

ちあき
銀座は売上とか実力が重視されがちみたいだけど、六本木は完全にルックス重視だね。
見た目が良ければ、とりあえず採用みたいな

みゆき
六本木のお客さんは若い人も多いから

ちあき
それは確かに関係してそう。
男性が好みそうなルックスの子が、とにかく多い。

みゆき
経験とかも問わない感じ?

ちあき
うん、ほぼ関係ない。
もちろんあったらあったでポイントはアップするだろうけど、それよりもドレスが似合うかどうかとか、スタイルが良いかどうか、顔が整ってるかどうかっていう部分に重きが置かれがち。経験ゼロでも、見た目が良ければ採用はほぼ確実だよね

みゆき
綺麗系が良いの?それとも可愛い系?

ちあき
どっちでも。
単純にルックスが良ければ、タイプは関係ない。
六本木は客層も少し若いけど、クラブはキャバクラより年齢層は高いから、綺麗系でも全然採用はされるよ。
私は可愛い系だけど、面接対策はとにかく見た目で勝負したから

みゆき
どんな風に?

ちあき
お化粧もバッチリして、服装はワンピースで、髪型も美容院で整えてもらって、有名企業に勤める男性と合コンする時くらいの気合を入れて面接受けたからね。
キャバ嬢経験があったのも有利に働いたかもしれないけど、周り見てたら経験がなくても、お客様に失礼なこと言っちゃう子とかでも採用されてて、そういう子たちは決まってルックスが良いから、なるほどなーって

みゆき
六本木のクラブの採用基準は、そんな感じかと

ちあき
そうそう。接客スキルや態度はあとでいくらでも教育できるけど、ルックスは教育しにくいからっていう考え方が強いのかも

みゆき
見た目って、一つの才能だもんね。
重視されるのはよくわかる

ちあき
そうだね。元々持ってる顔も重要かもしれないけど、ヘアメイクとかにこだわることで、やる気やセンスを見せることも含めてルックス重視っていうことになるかな。
意欲的で自分を良く見せようとする努力も含めて大事ってこと

まとめ

銀座と六本木の、それぞれの特徴がクラブの採用基準にも出ているようです。

ご一緒に高級クラブの面接を受ける際の注意もご覧になれば、さらに採用されるためにどうすればいいかが分かるのではないでしょうか。
ぜひ覗いてみてくださいね。

銀座は、やはり実力主義。
売上が見込めればそれだけでお店側としては採用価値が高まるし、水商売経験者で前のお店のお客様を連れてこられるようであれば、即採用決定と言ってもいいかもしれません。

それに加えて、態度や雰囲気など接客に関連した素質、もちろんルックスも重視されるので、バランスが見られていると言ってもいいでしょう。

六本木は、何よりもルックスが重視されるようです。
見た目が良くなければ始まらないといった感じなのでしょう。
六本木という街の雰囲気が反映されているように感じます。

このように、同じクラブのホステスでも街によって採用基準は異なります。

すでに顧客を持っていたり接客経験や実力があると自負している女性は銀座のクラブを、経験は浅いかもしれないけどルックスなら自信があるという女性は六本木のクラブを、それぞれ選ぶことで、採用基準がアップするかもしれません。

少しでも高級クラブの面接で採用率をアップしたいなら・・・

銀座では実力、六本木ではルックスが重要視されるとご説明しましたが、容姿が良いことに越したことはありません。
男性は、綺麗で若々しい女性が何歳になっても好きですからね。

それに容姿が良いというだけで、面接で好印象を与えることができるし、自分にも自信が持てますよね。
ですので、自分の容姿を磨くことはとても大切です。

20代後半頃から気になってくるシミ。
若いころには無かったシミが徐々に表れてくる年頃なのが20代後半からなんですよね。

シミを隠そうとファンデーションを厚塗りしていませんか?
男性はナチュラルなお肌が好きです。(スッピンという意味ではないですよ)

少しでも素肌に近い状態でいられるように、お肌のメンテナンスはホステスにとって大事です。
透明感のあるお肌を目指したいですね。


小ジワとたるみが気になりだす30代。
ほうれい線やフェイスラインが気になりだすお年頃ですね。

37歳の私も35歳を過ぎたあたりから、目元の小ジワとほうれい線が気になっていました。
そこでお勧めしたのがメスを使わないリフトアップです。
私の場合は、1度施術しただけでもフェイスラインが全然違いました。
手術なしで手軽にできるので、お仕事に忙しいホステスの女性におすすめです。


おすすめの記事