初めてのナイトワーク。水商売未経験者がホステスを目指す時の注意

ホステスにはナイトワークが初めてでもなれるのか

現在では、キャバクラ嬢を経験してからホステスになるという流れが一般的になっているようです。

では、キャバクラ嬢などの水商売も一切経験したことのない女性がクラブのホステスを目指すことは不可能なのでしょうか。ここでは、その点について触れていきます。

初めてのナイトワークでクラブのホステスを目指そうと考えている女性は参考にしてください。

未経験者でもOKとしてる求人も多い

すでにクラブのホステス募集の求人をチェックしているでしょうか。そこには、経験者のみしか採用しないといった文言はほとんど書かれていないはずです。

「未経験者歓迎」や「未経験者OK」と記載されている求人の方が多いのです。

これはつまり、キャバクラ嬢などナイトワークの経験がなくとも応募することは可能であり、面接などを突破すればホステスとしてナイトワークデビューできることを示しています。

経験がないからといって応募や面接すら拒否されてしまうことにはならないでしょう。中には経験者しか受け付けていないクラブもあるかもしれませんが、銀座や六本木などの高級クラブというカテゴリーに含まれるお店であっても水商売未経験者を受け入れているところは少なくありません。

やる気や意欲、そして自信があるのであれば、積極的に応募してみましょう。門前払いされていない以上は、チャレンジしなければホステスへの道が開けることもないのですから。

不利な点も多く、ルックスに自身がないと厳しい?

応募は可能ですし、ナイトワークの経験がなければ採用はしないと決めているクラブも多くはありませんが、それは未経験でも容易く採用されることを意味しているわけではありません。経験者と比較すれば圧倒的に不利であることは間違い無いでしょう。

例えばキャバクラ嬢というお仕事を経験していれば、それだけ男性の接客に慣れていることになります。そこで身に付けた接客術などもホステスとしてすぐに発揮できるでしょう。

加えて、キャバクラ店で親しくなったお客様を引き連れてくれる可能性もクラブ側としては考えます。つまり、すぐに売上が期待あるいは計算できることになるのです。

一方、キャバクラ嬢の経験も一切ない女性の場合はどうでしょうか。接客技術が身に付いているかは不透明であり、売上に直結するような顧客もいないと考えれば、経験者のように採用に積極的になるわけにもいきません。

未経験者でもすんなりと採用が決まるとすれば、ルックスの面で優れているケースでしょう。誰が見ても美しいと感じる容姿や魅力的なルックスを持っていることで、それは大きな武器となり、ナイトワーク未経験でも採用される可能性が高まります。

顔の作りはもちろんですが、表情やヘアメイク、服装選びも含め、ルックスを磨くことが未経験者がホステスになるために必要となる要素であると思っておくべきです。

おすすめの記事