六本木のクラブの特徴と働くのにおすすめ店舗

六本木の高級クラブの特徴

銀座の高級クラブに対して、六本木の高級クラブは、どのような特徴を持っているのでしょうか。雰囲気なども含め、その特徴を見ると、銀座の高級クラブとは異なる部分がいくつも見つかるはずです。それを知れば、六本木のお店の方が肌に合っているかもしれないと感じる女性も出てくるかもしれません。

銀座よりもカジュアルな雰囲気のお店が多い

敢えて一言にまとめてしまえば、六本木の高級クラブは、銀座のそれと比べてもカジュアルな雰囲気のお店が多くなっています。これが特徴でしょう。少し強引なまとめ方であり的確な表現とは言えないかもしれませんが、カジュアルさが感じられるという点においては間違ってはいないはずです。

若い人でも比較的足を踏み入れやすい、あるいは馴染みやすいといった表現の方が正確かもしれません。落ち着いた雰囲気のお店もありはしますが、それよりも少々キャバクラの雰囲気に近いと言えば、イメージしやすいのではないでしょうか。

ただ、キャバクラとはもちろん形態が異なるため、カジュアルであるとは言ってもキャバクラと同一視することはできません。あくまでも高級クラブとしてのクオリティーは維持したまま、しかし、多くの人にとって距離感が比較的近いクラブも少なくはないのです。

お客様やホステスからも、そうした六本木ならではの雰囲気を感じ取ることができます。街の雰囲気や発展してきた経緯なども関連していると考えてみると、少し面白いのではないでしょうか。

高級クラブですから、誰でも気軽に入れるというカジュアルさはないものの、銀座の高級クラブと比べれば親しみも感じられるのかもしれません。

六本木のおすすめ高級クラブ

六本木には、多くの高級クラブがあります。その中でも、特に存在感の大きなクラブを紹介しましょう。もし六本木の雰囲気の方が合っていると感じるのであれば、まずはここで挙げたクラブのホステスを目指すのもいいのかもしれません。

Elysee(エリゼ)

「Elysee」は、2000年代に入る前から六本木で高級クラブとしての経営を続けています。六本木という街においては、息の長い老舗と言っても問題はないでしょう。

店内も、その雰囲気がしっかりと滲み出ています。派手さはありませんが、ゴージャス感は視覚的にも感じることができ、ソファに座れば、その居心地の良さも確実に体感として得ることができるでしょう。

これぞ高級クラブという雰囲気を、店内に足を踏み入れた瞬間から感じ取ることができるはずです。

ゆったりとした時間が過ごせるのも「Elysee」の魅力でしょう。2時間を基本のセットとした料金設定は、決して長くは感じません。それも全て、ホステスの質の高さが理由ではないでしょうか。銀座のクラブとは異なる雰囲気を持ったホステスが多く働き、接客では六本木らしさも大いに感じさせてくれます。

働く側にとっても、非常に接客がしやすい店舗と言えるでしょう。

六本木チック

https://www.chick.co.jp/

銀座にもチックはありますが、「六本木チック」は、さらに豪華なインテリアが特徴となっている高級クラブです。日本の中でもこれほどゴージャスな内装にこだわっているお店は、そうないのではないでしょうか。

一言で言えば、非日常を感じられるお店です。それはお客様にとってもそうですが、ホステスにとっても例外ではありません。特別な場で働いているという感覚が得られやすく、お仕事にも精が出るはずです。主人公やヒロインになったような感覚も味わえるでしょう。

非常に大きなワインセラーも用意されており、ここには超が付くほどの高級なワインが寝かせられています。ホステスとして「六本木チック」で働くことができれば、こうした高級ワインやシャンパンを味わうこともできるはずです。

VIPコーナーやブライベートサロンは、他の高級クラブにもない雰囲気です。ここでお客様に接客できるようになれば、ホステスとしてのステータスをさらに一段上げることになるでしょう。

クラブのホームページに掲載されているフロアレディの募集情報を見ても給料や福利厚生ともに高待遇である事が分かりますね。
このお店のホステスとなることで、成長や飛躍も期待できるのではないでしょうか。

瑾鵾花(キンコンカ)

もともと銀座にクラブとして誕生してから、1970年代に六本木に移転してきたという経緯があります。珍しいパターンではありますが、六本木の街の雰囲気の方が合っていたのかもしれません。

それからコンセプトなどの変更はあったものの、今もなお六本木の夜の街にはなくてはならない存在として、多くのお客様を楽しませています。上手に時代に合わせて成長を続けたクラブと言えるでしょう。

六本木の中でも、非常に高級なクラブとしても知られています。お客様に求めるものも多く、料金が非常に高く設定されているのも特徴です。もちろん、それに見合うだけのホステスの接客とお店側のサービスが用意されていることは言うまでもありません。

店内は少し薄暗い照明になっており、しかし下品さやごまかしている様子ではなく、昔ながらの雰囲気を上手に活かしながら豪華さを演出しています。少し年配の方の方が好まれる雰囲気かもしれませんが、実際には幅広い層のお客様が来店されているようです。

おすすめの記事